訪問看護
がん看護専門看護師の役割
その人に必要とされる治療とケアを組み立て、患者・家族のみではなく、医療スタッフや
在宅支援者に対しても医療とケアが一貫して提供され、在宅での看取りが
実現できる支援を行うことを考えています。
専門看護師は、入院・外来・在宅において、複雑な問題を有する患者・家族に対し、身体・心理・社会・成長発達の側面から包括的にアセスメントを行っています。その人に必要とされる治療とケアを組み立て、患者・家族のみではなく、医療スタッフや在宅支援者に対しても医療とケアが一貫して提供され、在宅での看取りが実現できる支援を行うことを考えています。そしてその働きかけは、病状や日常生活・社会的機能の改善、患者のケア満足度や病棟・治療チームのグループパフォーマンスを改善していることが明らかとなっているといわれています。(日本専門看護師(CNS)協議会資料より)
がん患者の身体的・精神的な苦痛を理解し、患者やその家族に対してQOL(生活の質)の視点に立った水準の高い看護を提供します。
がん看護専門看護師はこのような教育目標をおいて育成されています。
1. がんに関する専門的知識を深め、エビデンスに基づく的確な臨床判断を行うことができる
2. 熟練した高度なケア技術とキュアの知識を用いてがん患者および家族に対して看護を実践することができる。
3.社会に対し、がんの予防および早期発見のための教育・啓発および相談活動ができる。
4. 医療・看護職者に対して、がん看護に関する教育・相談活動ができる。
5.がん患者を取り巻く医療提供システム内を調整することができる。
6.がん患者の人権を擁護するために適切な倫理的判断を行い、判断に基づいた態度と行動をとることができる。
7.がん看護に関する専門的な知識や技術を深めるための研究を積極的に実施することができる。
(日本看護協会HPより)
サービス提供エリア